「鬼平犯科帳」をたどる道(四)


12月3日 「逃げた妻」より伝通院
「たのむ、御亭主」 これを藤田から聞いた忠吾が、「よし。それできまった。
では明日、八ツごろに小石川の伝通院・中門前で落ち合いましょう。
駕籠も、そこへ待たせておこう」
「かたじけない」

     ☆      ☆      ☆     

今日この時まで、私はずっと「伝通院」を「でんつういん」と読んでいました。
「でんづういん」が正しい読み方です。
けっこうあちこちで朝顔市の話をしていたので、知らないうちに恥かいてたなあ(笑)。

こんにゃく閻魔こと源覚寺のほおずき市と、伝通院の朝顔市は文京区の夏の風物詩です。
逆に言うと、この時期しか伝通院に行くことがないのですが、徳川家康の母於大の方、清川八郎、柴田錬三郎のお墓があったり、 夏目漱石や永井荷風が小説に書いたり、そういった面でも有名だとか。
混雑していない時にゆっくり行って、ゆっくり見てみようかと思います。

でもこの「逃げた妻」は救われないなあ。
作品としては素晴らしい出来かもしれませんが、女性の立場で読むと、何だかなあと苦い思いがこみ上げてきます。

「鬼平犯科帳」、ドラマを「ファミリー劇場」で見ていると、忘れてしまうのですが、池波小説は決して暖かい、もしくは爽快なエピソードだけではありません。
全てが池波正太郎であり、全てが「鬼平犯科帳」なのですが、この「逃げた妻」はあまり読むことがない話の1つです。

★東京都文京区小石川3丁目14−6

★「ひとりごと」で写真を紹介しています。

(2019年12月3日の日記)
12月9日 「用心棒」より躑躅(つつじ)
内庭と奥庭の境にも、低い土塀がある。
土塀の潜門を入ると、そこは奥庭で、正面が長谷川平蔵の居間であった。
若葉の鮮烈なにおいがたちこめてい、植込みの紅と白の躑躅が盛りである。
          ☆           ☆           ☆          

「用心棒」で平蔵が名前を変えて登場するのは、主に深川ですが、私にとって躑躅といえば根津神社。
こんもりした丘が躑躅苑になっていて、普段は立ち入り禁止なのですが、4月頃に躑躅が咲き始めると、有料公開されます。

躑躅に囲まれた細い道を1列に並んでぞろぞろ登って行きますが、皆さん途中で足を止めて撮影するのでなかなか進みません。
それもまた楽しく、頂上にある小さな祠を参拝して、またぞろぞろ降りて行きます。

これまで気に留めたことがなかったのですが、今夏調べていて、何人もの、いわゆる文豪と呼ばれる人々がこの界隈に住んでいたことを知りました。
夏目漱石、森鴎外・・・。
鴎外記念館に行ったこともあるし、漱石旧居跡も見て来ましたが、根津神社とつながらなかったです。
どこへ行ってもポイントで覚えるので、それがなかなか線として繋がらず、ましてや面とするのは苦肉の策です。
今度3ヶ所一度に回ってみればいいのかな。
Wikipediaに根津神社(根津権現とも)が登場する小説がたくさん紹介されているので、今度読んでみます。

★東京都文京区根津1丁目28-9(根津神社)

★「ひとりごと」で写真を紹介しています。

(2019年12月9日の日記)

「池波世界をたどる道」へ戻る

ホームへもどる