「六阿弥陀」巡り

6月8日 六阿弥陀
以前亀戸界隈をぶらついていて常光寺に立寄った時、「六阿弥陀」という言葉を見つけた。
その時は「七福神みたいなものかなあ。」と思った程度だったが妙に気になり、帰ってから調べてみた。

「行基作と伝える阿弥陀像をもつ東京近郊の六つの寺。
すなわち王子の西福寺、沼田の恵明寺(古くは延命寺)、滝野川の無量寺、田端の与楽寺、上野の常楽院、亀戸の常光寺。
春秋の彼岸に参詣すると利益が大きいとされる。 」とあった。

おもしろいのが七福神と違って、場所が散らばっていること。
七福神だと「深川七福神」「谷中七福神」のように、地域単位で回ることができるが、六阿弥陀は北区、足立区、台東区、江東区と 別れていて一日で回るのはかなりしんどいと思う。
ではどんな由来で六阿弥陀ができたのだろうか。

ここでまたおもしろいのが、北区の豊島左衛門清光という人物が、善意の主人公である話と、悪役である話と2つあること。
清光の娘が意に添わぬ結婚のために自ら死を選ぶか、清光に無理に嫁がされた娘が死を選ぶか。
私は清光善人説を初めに読んだことと、北区のお寺が多いこと、清光寺にお邪魔してとても良くして頂いたことなどから、 清光善人説を支持したい。

どちらにしても娘を失った両親が悲しんで行基に作ってもらったのが6体の阿弥陀仏。
両親は6つのお寺を建立し、それぞれに阿弥陀仏を納めたとされる。
なので清光の清光寺には阿弥陀仏はなく、それ以外の6つのお寺を回ることになる。
でも前述の通り、清光寺も含め、いくつかすでに回っているので、少しずつ感想など書いていきたい。

ちなみに足立区の説では足立氏の娘が北区の清光に嫁ぎ、北区の説では清光の娘が足立氏に嫁ぐと立場が逆転しているのは、 それぞれ地元を立ててのことかと思うが、清光寺に阿弥陀仏がないからこそできた話だろう。
清光寺に阿弥陀仏がない理由はわからないが、それを元に生まれたのが2つの伝説なのかもしれない。

言ってしまえば、清光と行基では生きた時代が違う。
清光は平安時代末期から鎌倉時代初期、行基は奈良時代の人だという。
だから伝説自体を否定するのではないが、これから六阿弥陀を回りながらこの伝説を検証していくのもおもしろいかもしれない。

(2018年6月8日の日記)

「池波世界をたどる道」へ戻る

ホームへもどる