十二国記感想 9
12月15日 「ダ・ヴィンチ」より小野不由美インタビュー2
次は、シリーズの舞台となる異世界は、古代中国を思わせるが、ヒントになった作品や本はあるかとの質問です。

中国風の世界にしたのは、小さいころ「西遊記」が猛烈に好きだったからだと思います。

「西遊記」は私も子供用の本で読んでおもしろかったし、故夏目雅子さんが三蔵法師を演じた「西遊記」も見ましたが、 「なぜ三蔵法師を女優さんが演じているのだろう?」と思った記憶しかなかったり(笑)。
でも上橋菜穂子さんの守り人シリーズが「カタカナ世界」にピタリとはまったように、「十二国記」はやはり漢字じゃないと! とは思いますね。

麒麟が天意に従って王を選ぶという、王と麒麟の関係の着想については

あちこちで書いていますが、田中芳樹さんの「銀河英雄伝説」から。 「死なないラインハルトのいる世界」がスタート地点でした。

これは有名な話ですが、実は私、「銀河英雄伝説」は読んだことがありません。
Wikipediaを参照すると、あらすじとしては、遥かな未来、銀河に進出した人類は、皇帝と貴族が支配する銀河帝国と、 帝国から脱出した共和主義の人々が建国した自由惑星同盟に別れて戦っていました。
ラインハルト・フォン・ローエングラムは銀河帝国側の主人公であり、野心的な人物だそうです。

余談になりますが、昔ハマってたゲーム「戦国無双」に登場した毛利元就がヤン・ウェンリー(自由惑星同盟の 主人公)にすごく似ていたと盛り上がっていたなあ、そういえば(笑)。
ただ不老不死にしろ何にしろ、「死なない設定」というのは、ある意味都合の良い設定でもあるので、書く側描く側に とっては難しい設定なんだろうなとは思いました。

さて、「白銀の墟 玄の月」でひとつの区切りがついた「戴」ですが、この構想はいつ頃からできていたのかという質問です。

戴に何が起こって高里が神隠しに遭ったのか、帰還したあとどうなったのかについては、「魔性の子」の時点で 考えていました。
当時は書く予定などなかったし、「・・・・・・だったりして!」というレベルの物だったんですが。

前回も書きましたが、「月の影 影の海」から入って、主役は陽子だった私なので、このコメントには驚かされました。
「華胥の夢」まで読んで「魔性の子」でしたからね。
「十二国記」は華やかな中華ファンタジーであって怖いものではなかった、なのにその後読んだ「魔性の子」は完全に ホラーでした。
あの時の居心地の悪さ、「魔性の子」を私の中の「十二国記」のどこに据えたらいいのか、悩んだことは忘れられません。

ただ、「魔性の子」が出たのは1991年(平成3年)、今から29年前です。
その時点で泰麒の物語ができあがっていたそれも書く予定がなかったのに、というのにもまた驚かされました。
淡々と答えてますが、実は緻密に、丹念に考えていたんだろうなとは思います。
「だったりして!」の「!」がね、全てを表していると思いますよ。

(この項続く)
(2020年12月15日の日記)
2月3日 「ダ・ヴィンチ」より小野不由美インタビュー3
次は、質問者の方が、泰麒の成長に感無量となりましたが、小野さん自身は どう感じていらっしゃるかとの質問です。

読者が「成長した」と感じてくださったのなら、なんとか巧く書けたのかな?と 思います。

物語の中には小野さんの想いがたっぷり詰まっているのでしょうが、小野さんは基本的に 解釈や感想は読者に全てゆだね、御自身はあまり語らないタイプの作家ですよね。
そこが物足りなくもあり、小野さんらしいなと思いもし。
「巧く」という漢字を使うところが小野さんらしいです。
「巧みに書けた」、物書きとしての技術にとてもこだわる方だと作品を読むたびに思います。

次は「白銀の墟 玄の月」は驍宗の行方、泰麒の行動、阿選の真意など、シリーズの中でも ミステリー色が強い作品ですが、これは意図されたものかという質問です。

出自がミステリなので、これ以外の書き方ができないんだと思います・・・・・・。

これは不思議な質問だと思いました。 確かに期間があいたこともあり、上記のような「謎」の部分が読者の中で強く意識されたことは 否定しませんが、そもそも謎のない物語があるでしょうか。
たとえば「月の影 影の海」の陽子の正体、「風の海 迷宮の岸」で泰麒が驍宗を畏れた理由、 謎でした。

でも読者は物語を読んで、答えを知ります。
「白銀のー」も同じです。
ミステリ色が強いと感じるのは、その謎の期間が長かったからでしょう。
でもだからといって私はミステリ色が強いとは感じませんでした。
小野さんにとってもちょっと心外な質問だったんじゃないかな?

次は「白銀のー」の執筆期間に関する質問です。

関係ファイルの一番古いタイムスタンプが2014年(平成26年)になっているので、本腰を入れて 書き始めてから五年ほど。
でも諸般の事情で完全に手が止まっていたリ、他の仕事で離れていた時間もあったとのことです。

これはちょっと意外でした。
「黄昏の岸 曉の天」が2001年(平成13年)に出ているので、その時からという事で、18年くらいという 答えになるかと思ってました。
思い込みって怖いですね(笑)。
ずっと書きたくて書きたくて書きたくて、でもいろんな事情で書けなかったのかな?と さらに怖い思い込みもありました。

(この項続く)
(2021年2月3日の日記)
2月18日 「ダ・ヴィンチ」より小野不由美インタビュー4
執筆中の思い出やエピソードについて質問です。

電話のない世界なので、タイムテーブルの管理がややこしかったです。
あと、近年とみに記憶力が衰えているので、登場人物の名前が覚えられず・・・・・・。
ぜったい読者の方々のほうがよく覚えておられると思います。
読者ってすごい。

ここを読んだ時は笑ってしまいました。
クールなイメージの小野さんの率直な読者賞賛!
読者の想いが長い長い間届き続けていたんですね。
時にはプレッシャーになっていたかもしれませんが。

次は第1巻81ページ掲載の「希望を捨てるな」が物語のひとつのテーマであり、読者への メッセージのような気がするのですが、いかがでしょうかという質問です。

作品をどう読むか、何をメッセージとして読み取るかは読者に任せるべきことだと思います。

まさにその通りで、優れた作品であればあるほど読者に押し付けるのではなく、読者にゆだねる、 そんなものだと思います。
私も作者の想いをやテーマを高らかに主張するよりも、行間に感じさせてくれる物語が好きです。

「白銀の墟 玄の月」の山田章博さんの描かれた泰麒のイラストを見ての感想は?という質問です。

1巻の表紙を拝見して、「こんなに立派になって」と。 本当に「こんなに立派になって」と、感嘆しつつ寂しい気持ちがありました。
本音を言えば、ちび泰麒のままでいて欲しかったり・・・。

(この項続く)
(2021年2月18日の日記)
2月22日 「ダ・ヴィンチ」より小野不由美インタビュー5
★「白銀の墟 玄の月」に関してネタバレを含みます。

物語を書き終えての気持ちです。

やっと約束を果たせた、という気分がしています。

おそらくですが、「十二国記」を書いていない時でも常に意識されていたんだろうなあと思います。
書きたい気持ちや焦りや、そんな諸々が積み重なっての長い時間だったのではないでしょうか。
待つ側にとっても長かったけれども・・・。

最新作として刊行予定の短編集に関してです。

「白銀の墟 玄の月」に入りきらなかった話を纏めようと思っています。

「白銀の墟 玄の月」を買われた方、もう無料プレゼントの1話目は読まれましたか?
私はまとめて一気に読みたいので、あえて読んでいません。
なので1話目の内容も知りませんが、「私の十二国記」の登場人物たちにたくさん出て欲しいと 願っています。

今後「十二国記」シリーズはどちらに向かうのかという質問です。

始めたときに撒いたものは回収し終えたので、今後のことは未定です。

いやいや回収してないから!と思わず心の中で叫んでしまいました。
始めたときに撒いたものは回収できたかもしれませんが、百歩譲って漣や才の主従の出会いや 過去は我慢しましょう。
でも、

・十二の国が協力し合うことを考え始めた、また、この世界に疑問を持ち始めた陽子の挑戦。
・柳、範、芳、巧の今後。
・舜の内情。

などまだまだ撒かれただけで芽生えてない種子はたくさんありますよ。
比較的書かれた恭や奏も読みたいし。
短編集には当然?慶、雁、戴は登場するでしょうが、やっぱり連や才も絡んで欲しいし。
あくまでも未定であって終了ではないことに希望を持ちたいです。

コロナ渦の中での生活についての質問です。

もともと用がない限り家から出ない、家族以外にはほとんど会わない生活なので、まったくなんの変化もありませんでした。

それはちょっと心配です。
とにかく体を大切に、運動もたくさんしないと、って余計なお世話ですね。
でもけっこう体調を崩されることが多いようなので、根を詰め過ぎずに健康に留意して頂きたいです。

最後にファンに対するメッセージです。

とにかく、長い空白にもかかわらず、お待ちくださっていた読者のみなさんには感謝の言葉もありません。

丸写しするのは気が引けるので、要点をまとめると1巻2巻の発売日は首都圏が台風に見舞われ、大変でしたが、 その影響を受けて様々な対応をされた書店、読者の皆様への感謝でした。
たしかにあの日は荒れました。
でもそれもすでに遠い記憶となってしまいました。

さて、「白銀の墟 玄の月」を読んでの改めて感想を書こうと思いましたが、どこまで書いていいのか、そもそも感想があるのか、 実は自分でもよくわかっていません。

読む前は驍宗の救出、泰麒との再会、戴の復活を勝手にイメージしてじんわりしてた時期もありました。
けれども実際に読んでみて、何て言うのかな、研ぎ澄まされた緊張感の中にあったような気がします。
新しく登場した人物や用語の難しさももちろんありますが、それだけではない、登場人物への共感よりもその厳しさ、 泰麒の厳しさに李斎と一緒に置いてきぼりにされたような・・・。

気づいてみれば驍宗は自ら脱出し、阿選らを倒して泰麒と驍宗も再会し、戴も復活はしていないものの、王も麒麟も戻りました。
私が泣けたのは飛燕の死と最後に六太が出て来たところ。
「私の十二国記」でした。
今回のインタビューをきっかけに、もう一度今度はじっくりと読んでみようと思います。
そしてがっつり感想が書けるのはやっぱり短編集もひととおり出てからかな?と思います。

(2021年2月22日の日記)
6月28日 芸術新潮「十二国記絵師  山田章博の世界」
私が「十二国記」を知ったのは、「犬夜叉」ファンサイトを立ち上げて、そこで知り合った方に 教えて頂いた時だったように思います。
だから、すでに「華胥の幽夢」まで出ていて、一気読みできるという至福の時を過ごしました。
それが山田先生のイラストが掲載されたホワイトハート文庫だったか、イラストのない講談社 文庫だったか、それとも混ざっていたのかはっきり覚えていませんが。

ただ山田先生のイラストは、宮部みゆき著「ドリームバスター」で知っていたような気がします。
でもその時はそれほど挿絵に思い入れなく読んでいたような・・・(遠い記憶)。
私が本気で好きになったのは、アニメ「十二国記」を見た時だったかもしれません。

そして今年が「十二国記」30周年記念ということで、この「芸術新潮」始め、画集とガイドブック、 2023年のカレンダーの発売が決定しています。
嬉しいですね、さらに新作があればさらに嬉しいのですが(笑)。

さて「芸術新潮」、印象的な表紙です。
陽子の横顔なのですが、流れるような赤い長い髪が、書店でもとても目立っていました。
そして陽子は身体的に成長することはないのですが、その横顔がとても大人っぽくなっています。
様々な困難を乗り越え、精神的に成長した大人の陽子の横顔です。
本当に綺麗。

最大の見どころは当然A4サイズのカラーイラスト。
「十二国記」を最後に読んだのは、3年前に「白銀の墟 玄の月」を読む前に、「魔性の子」から 「丕緒の鳥」まで読み返した時。
それだけにたくさんのイラストが懐かしいです。

次はイラストに関する小野先生へのインタビュー。
小野先生が「緊張のあまり何も覚えてない」とおっしゃるのが凄いですね。
楽俊が1回きりの登場の予定が、山田先生のイラスト見たさに続投決定の話は初めて知りました。
楽俊好きの私には嬉しいエピソードです。

次は表紙の陽子の絵ができるまでの密着取材。
絵とは縁のない私なので、専門用語はわからないのですが、とにかく繊細で細かいところまでこだわって 描くのが素晴らしく、もうため息をつくことしかできません。
これまでの十二国記絵の中で、一番好きかも。
そして初心者のための十二国記ガイドと続きます。

次は山田先生のインタビュー。
初対面の時の小野先生の印象は、小さくてかわいい、そしておしゃべりだったそうです(笑)。
でも書いている作品が「魔性の子」。
このギャップに魅力的だったでしょうね。

他にも漫画作品を手掛けている山田先生ですが、残念ながら私は読んだことがありません。
「十二国記」以外で印象的だったのが、ゲーム「無双OROCHI2 Ultimate」で山田先生が キャラクターデザインを担当された「玉藻前」「応龍」「九尾の狐」「渾沌」「哪?」が登場したことです。
特に玉藻前と九尾の狐(人型)の妖艶な美しさが際立っていました。 「無双OROCHI」は3作出ていますが、私はこの「無双OROCHI2 Ultimate」がキャラが賑やかで一番好きでした。 でも素晴らしい絵を描かれるなんて羨ましいなあといつも思っていますが、インタビューを読むと、 仕事のために大変な苦労をされていて、それはそれで頭の下がる思いがしました。

その他の記事では、山田先生以外の装画・挿絵に関して印象的な画家として、横溝正史シリーズを手掛けた 杉本一文先生も紹介されており、「犬神家の一族」の表紙がカラーで(しかも大きなサイズで)見ることができました。
美しい装丁、表紙、装画で好きな作品はたくさんありますが、私にとってはやはり山田章博、 杉本一文両氏かと思います。

なお、「十二国記」30周年記念ガイドブックは8月25日、「十二国記」画集第二集「青陽の曲」は9月15日発売です。
キャラクター人気投票結果も興味深かったです。
詳しくは「こちら
(2022年6月28日の日記)
十二国記感想

「十二国記を語る部屋」へ

ホームへもどる