ブログ過去ログ4

師走 ★USBメモリーに全てのデータを保存しました。 これでパソコンいつ壊れても大丈夫・・・って違う〜(>_<)。 実はテレビも壊れてつい先日買ったばかりなんですよ。 でも「戦国BASARA3」の公式サイトのムービー見ようとした途端フリーズとか、一日中起動しないとか、使用中に警告音が鳴り出すのが強制終了で直るうちは壊れたと言わないのだと思いたい・・・。 クリスマスにお正月、大掃除と今年の始末は師走のうちにと昨日とおとといハンズにビックカメラに西武に東武にユニクロに、と走り回っていました。 新しいテレビ用に部屋を少し模様替えするための材料買ったりプレゼント揃えたり、お掃除用品追加したり。 で、サンシャインのそばに新しくブックオフができてたのを見つけて今日寄ってきました。 見た目以上に広くて品揃えも良かったです。 書店だと押さえがきくけど、古本屋さんは安いのでどうしても買い込んでしまいます。 今特に真鍋博さん装丁のアガサ・クリスティを揃えたいんだけど、なかなか手が出なくて。 どうしても読んだことない本選んでしまいます。 でもクリスティーもずっと前から装丁が変わっているので、なくなっちゃうだろうなあ・・・。 それにしても「ハリー・ポッターと賢者の石」のハードカバーが105円で売ってたのには驚きました。 そんなもん? 【2009/12/14 21:32】 | 日常生活
パソコン壊れました、買いました。でも・・・ ★2006年に買ったパソコンから一気に進化したのでもう大変。 自分のサイトを見てびっくりしました。 真ん中にこじんまりと無人島みたい・・・。 かと思えば大文字本みたいなすさまじい大きさになるし。 私のサイトって他の人(パソコン)でどんな風に見られてるんだろうと思うとちょっぴり冷や汗。 パソコン音痴ぶりがいかんなく発揮されてるかもしれませんね。 これから250の登録単語を入れ直さなきゃ、肩凝りそうです。 なんかねえ、最近洗濯機の音も変わってきたような気がするし、サイトの契約更新も間近だし、今年は運転免許の更新もあるし、いろいろお金がかかります(泣)。 【2009/12/19 21:10】 | サイト関連
良いお年をお迎えください。 ★ここ数日熱で寝込んでしまいました。 我ながら情けないです。 やっと起きれるようになりましたが、年末の予定は全てキャンセル。 お正月も家で静かに過ごすことになりそうです。 今年もいろいろとありがとうございました。 皆様良いお年をお迎えくださいね。 【2009/12/31 08:31】 | 日常生活
あけましておめでとうございます。 ★今年もよろしくお願いします。 さて、トップページから「情報更新履歴」へのリンクはずしました。 これまでもこのブログに書いた情報をそのままコピーしてただけだったので必要性を感じないということで。 これまでの「情報更新履歴(2004年〜2009年)」は当分「サイト案内」からのみ見られるようにしておきます。 そして新しく「高橋留美子作品アンケート」を設置しました。 「境界のRINNE」が歴代高橋作品の中でどのくらいの立ち位置にあるか知りたいなあと思っています。 よろしければ協力お願いします。 投票後1時間で次の投票ができます。 短編で具体名を「その他」に投票していただければ項目として追加します。 (映画やアニメには対応しません。) これまでの投票結果は「こちら」です。 ちなみに準備中の(二)は現在中のアニメ「犬夜叉」完結編のエピソードアンケートを予定しています。 アニメ終了後に行う予定です。 【2010/01/01 10:34】 | サイト関連
京極夏彦「数えずの井戸」発売決定! ★京極夏彦さんの公式ホームページ「太極堂」によると、「嗤う伊右衛門」「覘き小平次」に続く江戸の怪談シリーズ第三段「数えずの井戸」が1月25日発売決定しました。 題材はもちろん「番町皿屋敷」。 「東海道四谷怪談」と同じくらい大好きな話なので嬉しいです。 が、今手元に東雅夫著「ホラー・ジャパネスク読本」があるのですが、京極さんとの対談が掲載されています(2001年11月に収録されたもの)。 この時点で次のモチーフとして「番町皿屋敷」と答えているんですね。 ただ伊右衛門、小平次に比べてお菊の相手の青山播磨がタイトル付けにくいと。 それで東さんが「お手討ち播磨」なんてひどいアイデア出してるんですが(笑)、結局タイトルに名前付けるの諦めたようですね、京極さん。 この中で第四段とまでは言ってませんが、「牡丹灯籠」も書く気満々なことを話しているのでこれも楽しみ。 でも京極堂シリーズが読みたいよう、新作で。 【2010/01/02 21:57】 | 最近のお気に入り
夏目漱石「こころ」と「めぞん一刻」 ★今年最初の更新は「犬夜叉考察日記など」です。 先日読んだ狐著(もちろん匿名)「水曜日は狐の書評」で見つけた夏目漱石と高橋留美子の不思議な関係? それと「うしおととら」の「絵に棲む鬼」の感想に書いた礼子像の原型と思えるエピソードもこの本で見つけました。 この本は「紹介された本よりも、書評のほうが面白い」ので有名とのことですが、確かにわずか800ページの書評が短編1冊読んだに等しい充実感。 私が読んでみたいと思ったのは 1、映画評論家山田宏一の本全部(数点紹介されています) 2、辻由美著「図書館であそぼう」 3、リリー・フランキー著「日本のみなさんさようなら」 4、パトリック・ノートン著「能楽師になった外交官」 5、「妖怪の肖像」 6、「マンスフィールド短編集」 他たくさんあったのですが、悪筆でメモが読めない・・・( 一一)。 【2010/01/03 21:12】 | 犬夜叉
水瓶座のクリスティ ★去年だったか早川書房のアガサ・クリスティフェアで、星座ごとに作品を振り分けた帯をつけて文庫を売り出した時期がありました。 とても興味があったんですが、クリスティは全部持ってるし、たまたまその時期書店にあまり行かなかったこともあり、いつの間にかフェアは終わってしまってました。 水瓶座に合うクリスティ作品はどれだったのかなあとずっと気になってたのですが、やっと見つけました! ・友情に厚い   「復讐の女神(マープル)」「ビッグ4(ポアロ)」 ・強い自立心   「カリブ海の秘密(マープル)」「死への旅」 ・個性的   「ゼロ時間へ」「蒼ざめた馬」 ・論理的   「ABC殺人事件(ポアロ)」「フランクフルトへの乗客」 私が個性的か自立心が強いかはともかくとして(笑)、選ばれた作品の特徴としては、いわゆるポアロやマープルが登場しない、ノン・シリーズと呼ばれる冒険小説風な作品が目立つということでしょうか。 ポアロかマープルが登場する作品が好きな私としてはちょっとさみしいです。 でもクリスティで1冊選ぶならやはり「そして誰もいなくなった」です。 最初に読んだクリスティであり、あの結末は衝撃的でした。 思いつきでベスト5を選ぶなら 1、「そして誰もいなくなった」 2、「オリエント急行の殺人」 3、「パディントン発4時50分」 4、「バートラム・ホテルにて」 5、 「マギンティ夫人は死んだ」かな? 明日選んだらまた変わるかも。 【2010/01/04 21:47】 | 最近のお気に入り
映画バトン
Q1 生まれて初めて劇場で観た映画は?
A1 覚えてないけど子供向けアニメだったと思う。
Q2 一番最近劇場で観た映画は?
A2 「レッドクリフ partII」
Q3 最近DVDやビデオまたはテレビで見た映画は?
A3 「チャーリーとチョコレート工場」
Q4 最高のアクション映画は?
A4 やっぱり「スター・ウォーズ」
Q5 面白かったコメディ映画は?
A5 「スティング」
Q6 感動した映画は?
A6 たくさんあり過ぎて選べません。今は「ロード・オブ・ザ・リング」(最近見ました、最後まで)
Q7 一番怖かった映画は?
A7 「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」でホラーにハマりました。
Q8 おすすめのアニメ映画は?
A8 月並みですが「風の谷のナウシカ」 Q9 踊りだしたくなるミュージカル映画は?
A9 踊りだしたくなるのとはちょっと違うけど、やっぱり「サウンド・オブ・ミュージック」
Q10 旅をしたくなる映画は?
A10 大体何を見ても舞台となった場所に行きたくなります。
Q11 お腹がすく映画は?
A11 「レミーのおいしいレストラン 」
Q12 元気が出る映画は?
A12 ロビン・ウイリアムズが出ている映画。
Q13 何回でも見れる映画は?
A13 ホラーとミステリー。
Q14 途中で断念してしまった映画は?
A14 特になし。
Q15 絶対に薦めない映画は?
A15 薦めたいけど薦められないB級ホラー(笑)。
Q16 死ぬまでにこれだけは見てほしい映画は?
A16 「サウンド・オブ・ミュージック」かなあ・・・。
【2010/01/05 19:10】 | 最近のお気に入り
「べヨネッタ」で遊んでみました。 ★先日友達の家で「べヨネッタ」で遊んでみました。 「デビル・メイ・クライ」の女性版との評判通り、かっこいい女性(べヨネッタ)が活躍するスタイリッシュなゲームでしたが、コンボが難しい・・・。 あとやっぱりロードが多くて長いのが気になります。 自分でクリアするのはしんどそうかなあ。 途中で挫折して置物になってるゲームも多いので。 ・「真・三國無双5 Empires」 ・「真・三國無双5 Special」 ・「真・三國無双 MULTI RAID Special」 ・「無双OROCHI Z」 ・「戦国無双3」 ・「大神」 はコンプしたいです。 【2010/01/06 20:25】 | ゲーム
ホームページの契約更新 ★今年もホームページの契約を更新しました。 有料サーバーにしたのは平成16年、300MBの容量を使い切るまではホームページを続けようと思ってましたが、まだ14.590MBしか使ってません。 まだまだ先は長そうです。 コンテンツ作りたかった、あるいは感想を書きたかったけど挫折したのが ・「X-ファイル」 ・「クリスティ」 ・アニメ「人魚」シリーズ ・アニメ「BLOOD+」 ・アニメ「獣の奏者」 の感想です。 今後作りたいコンテンツ(ただし今あるコンテンツが完成してから)は ・「京極堂と仲間たち」 ・「宮部みゆきと時代物」 をやりたいです。 「BONES」なんかもそうですが、現在進行形のドラマやアニメだと、どんどん書いてかないと感想の鮮度が落ちるような気がして妙に焦ってしまう。 「十二国記」のようにある程度完成されたジャンルだと、むしろ資料作りを意識してじっくりできる気がします。 「犬夜叉」は両立できる作品、なのかな? クリスティや「X-ファイル」はいずれ好きなエピソードを選んで感想書きたいかなあ、ゲームやアニメを卒業した頃に(笑)。 【2010/01/07 20:28】 | サイト関連

日暮の森へもどる

ホームへもどる