宮部みゆきと時代物(四)

6月29日 火焔太鼓〜「魂手形」
今頃ですが、宮部みゆき著三島屋変調百物語七之続「魂手形」読み始めました。
実は発売日に1話目の「火焔太鼓」を読み始めたのですが、途中でやめてしまったのです。
私はもちろん宮部さんの時代物は好きですが、人外の者(もののけ、妖怪など)が 出てくる話はちょっと苦手です。

霊験お初捕物控の「天狗風」のような、人の念が怨霊化したような話は逆に大好きなのですが。
これは良い悪いじゃなくて個人の好みなので宮部さんには申し訳ないけど仕方ないですね。
さらに聞き手が、おちかから富次郎に交代したことで、またちょっと熱が冷めました。
話の幅が広がって物語としてはおもしろいのですが、富次郎の場合、おちかほどの背景がないので、 どこか軽い。
掘り下げようとすれば、富次郎の日常生活になって来るのもいかにも軽い。

宮部小説の中で、富次郎のような人物は主役じゃないと思います。
主役のそばに控えて賑やかしとして、助っ人として、キーマンとしておちかを支える立ち位置にいるべき 人物。
そう思って来たのですが、今回の「魂手形」で気持ちか切り替わりました。
(作品名としての「魂手形」じゃなくて、本の題名としての「魂手形」です。)

ただ「火焔太鼓」の富次郎はまだちょっと弱いかな。
富次郎の葛藤に引っ張られてしまいます。

物語は予想通り受け継ぐ者がいる展開でしたが、実は語り手が?と思っていたのでちょっと拍子抜け。
意外とあっさり感が。
逆に「次」に継ぐ者の事を考えた時にぞわっとしました。

あと今回の表紙が、これまでの宮部さんの時代物の表紙の中で一番好きです。
富次郎が描いたのかな?と思わせる絵ですね。
時代物に合うかな?と思いつつ、富次郎の心象風景がそのまま描かれているようでとても好き。
(2021年6月29日の日記)
7月2日 一途の念〜「魂手形」
私の中で聞き手としての富次郎がはじめてすとんと腑に落ちたエピソード。
冒頭の「旨いもの」の話が富次郎らしさ全開で、私も高くても安くてもおいしい物が 大好きだから、うんうん、そうそう、と何の本読んでるんだか忘れるくらい楽しくて (しかもこの旨いもの描写が結構長い)、それがおみよの串団子との出会いにつながって、 そこで羽二重団子思い出したりしながら楽しく読んだ、冒頭は。

私はお団子は甘じょっぱいみたらしやあんこが好きですが、「羽二重団子」のきりっと しょっぱい焼団子も捨てがたい。

そんな至福のひと時がでんぐり返ったのがおみよの異変。
これは正直言って能天気な富次郎だからこそおみよの話を受け止めることができたし、 おちかには話に来ないでしょうし、そもそもおちかとは出会いがなかったでしょう。

富次郎の場合は、口入家を通して家にどっしり構えているより、こういう思いがけない出会いを 通した方が自然でいいかも。
そう簡単に事件に出会うかな?都合良すぎるかな?と思いつつ、世の中には毎週殺人事件に 遭遇する名探偵もいることだし問題ないです。

例によって、おちかにはとても聞かせられないような話が続いていきますが、この物語の凄いところは 誰が見ても兄弟の顔が変わっていたこと。
ネタバレになるので詳しくは書けませんが、生みの親だけに変わって見えるならある意味納得。
でも誰の目にも変わって見えた、宮部的ホラーの真骨頂です。
宮部ホラーは「人」が怖いのです、「人」が哀しいのです。
物の怪や妖が登場するよりも、人の「一途の念」で狂った時、あるいは変化(へんげ)した時、そのしんねりした 怖さがにじみ出るのです。

最後、富次郎の前から姿を消したおみよ。
彼女は富次郎の前では子供だったけど、語るうちに女になり、富次郎の前から姿を消しました。
最初に会った頃、富次郎の胸をつんとさせた16歳の少女は富次郎にとってどんな存在だったのか。
底抜けに明るいだけの娘ではないことを見抜いていたのなら、やはり富次郎には聞き手の資格があります。
そう思います。
(2021年7月2日の日記)
7月12日 魂手形 〜「魂手形」
今回の語り手に茂七親分を一瞬思い出しました。
なんだか気持ちのいい人、優しくて男気があって。
どんな風に怖くなっていくのだろうと楽しみに読み始めて。
本編はなんだかすっきり気持ち良く終わって良かったねって。

最後の最後におちか、富次郎の危機を告げられて、改めて百物語の 業を感じて・・・。
いえ違う。

私が一番怖かったのは、吉富が化け物になって仇を討ったこと。
明記されていませんが、すぐに途絶えた後妻の悲鳴に、彼女は 死んだことがうかがえます。

人の身ではできないことを、人の心ではできないことを、化け物になることで 果たした、それを許した作者の恐ろしさ。
気持ち良く物語を仕上げたその恐ろしさ。

後妻は恐ろしい女だったけど、このような殺し方をして、化け物になっていたから という免罪符があってそれで良しとしていたのでしょうか。
心に傷があったから、吉富は懺悔に現れた、そのような気がしてならないのです。
粋に自由に生きて来たように見える吉富、実際にそうだったのかもしれないけれど、 それでも抱えるものがなくてはならない。

吉富は水面の代わりに化け物になったのです。
私はそこが一番恐ろしかったです。
そして吉富は、この部屋で語ったその日に救われたのだと思いたい。
水面を救う、仇を討つという大義名分があったとはいえ、作者がそんなに簡単に人を殺めることを 許すはずがない、私はそう思いたいです。

「魂手形」の怖さを私はそこに感じました。
でもお竹さんは良かったですね、三味線じゃかじゃか鳴らしながら出て来て欲しかったけど、可愛い イラストで我慢です(笑)。

そして最後のおちかの危機。
おちかだって人間です。
殺された許婚と殺した男。
理屈で感情を割り切ることなんてできなくて当然です。
そこにつけ込んで来る男の恐ろしさ。

読者としては、おちかが完全にこの世界から離れたわけではないことを確認させてくれたことは 嬉しいです。
吉富が義母に比べて実父に冷たいと自嘲気味に語っていたのが伏線でしょう。
次作への強烈な引きにもなりました。

でもここはあえて魂手形の恐怖とお竹さんの余韻のままにきっちり終わっても良かった気がします。
本編よりも強烈な印象が残ってしまいました。
(2021年7月12日の日記)


「言葉のかけら」へもどる

ホームへもどる