「MAO」感想(第171話〜180話)
1月19日 第171話「包囲」
原作少年サンデー2023年1月18日(8号)「MAO」 第171話「匣の主」

☆   ☆   ☆

白眉ってこれまで(物語と関係なく)掛け合いがハマる相手がいないなあと思っていたけど まさかの華紋。
2人がこの時代初めて会ったというのも読んでて気づいたし、華紋が一応兄弟子なので敬語を使うのも ある意味真面目な白眉らしい。
(不知火はその辺適当ななので逆に小物っぽく感じる。)

金は木を剋すで、白眉に対して不利でも動じない華紋、白眉の気をそらす摩緒。
百火もフォローは手慣れたもので、菜花もがんばる。
流石はいるだけでおもしろいし、蓮次との連携は相変わらずおもしろい。

「敬語でめちゃくちゃディスってくるし」って、某アニメの鈴村健一さん思い出した。
「遠い昔に同じ時を過ごした、かつての兄弟弟子だった男。
九百年の時が経とうと、決して相容れることはないー」
摩緒たちの想いが最後に記される。

人を呪い、殺すことに何も感じなかった、そして今も感じない白眉。
そもそも御降家はそういう種類の呪術を行う家で、むしろ白眉の方が正統派。
何事もなく御降家が続いていたら、華紋はともかく摩緒や百火はどうなっていたのだろうか。
あまり呪い自体に抵抗のない時代だったとはいえ。
そして謎を残したまま匣は消え去る。
白眉を慕っているのか恨んでいるのか。
ある程度離れると、自力で白眉の下には行けないようだ。
化生の匣編次回も続くかな?
いったん仕切り直すかな?

華紋が意外と複雑なキャラで、初登場時はもうちょっとヒールな部分があったけど、摩緒や百火との 関わり、不知火たちとの対決が続くうちに、かなり修正されたように思う。
特にコミック18巻を読んでそう思った。
すっきりしていい感じ。

余談だが、今週のTwitterの下絵、白眉が手を伸ばしている先の化生の匣が缶ビールにしか見えなかった(笑)。
真夏だったらコンビニに走ってたな(うちにはないから)。
白眉の顔が、下絵からやや仰向けに修正されていて、Twitterの下絵と完成版比べるのもほんと楽しみ。
(2023年1月19日の日記)
1月30日 第172話「成長」
原作少年サンデー2023年1月25日(9号)「MAO」 第172話「成長」

☆   ☆   ☆

表紙は現代でくつろいでいる菜花と祖父とフナさん。
化生の匣編が一段落して久々に現代に帰って一休みエピソードかと期待したけど ちょっと違った。

摩緒と菜花は刀鍛冶の妖冥命堂(めいめいどう)へ。
ここで確認したのは地血丸(あかねまる)の安定と菜花の成長。
でも完成ではなく、菜花にはまだ伸びしろがあると確認しただけ。
特におもしろいエピソードでもなく、正直なぜここで?と思った。

化生の匣編で菜花のサポートは良かったと思う。
もう地血丸に振り回されることもなく、夏野の土鈴にも助けられている。
今更確認することでもない。
犬夜叉の鉄砕牙のように、主役が刀と共に成長していく話ではない、菜花はこれでいい。
今後の戦闘の中で、自然に成長していけばいい。

これはむしろ夏野に今後起こる何かの前触れか?と最初思ったけど、後半を読んで納得した。
かがりとの比較だ。
タイトルを「成長」よりも「比較」にしたくなる。
摩緒や仲間を思い、素直に生きる菜花は順調に「成長」している。
一方かがりは気持ちは一途な面もあるが、それが悪い方にばかり向かい、呪いの術、姉への嫉妬、 摩緒たちへの憎しみ、強すぎる自尊心、そして白眉に認めて欲しいのに全てが裏目に出て しまう焦り。

準レギュラーでもここまで陰の気に満ちたキャラは、これまでの高橋作品にもあまりいなかったのではないか。
奈落にしても真人にしても悪役ではあっても、もっと魅力があったと思う。
彼女の将来がどうなるにつけ、その心が救われる未来が見えてこない。
あまりに小物であまりに哀れで、それだけに気になる少女。
摩緒も敵対する相手としか見ていない。
むしろ綾女の方が摩緒の好敵手としてふさわしい感じ。

今回は芽生もメイドとして登場。
話には興味あるようだが、かがりに関心はないようだ。
白眉側でかがりの理解者になれそうなのは、芽生だけなので、何とかなって欲しいなあ。
あっ、流石がいるか。
流石ならかがりとでも普通に仲良くなれそう。
かがりを明るく笑える少女にしてほしいな。
でもなぜ今になってかがりがメインの話になるのか。
姉妹の対立に摩緒がどう絡んで来るのか、話としては興味がある。

最初に女子学生の化生の匣事件の、摩緒たちの記憶を消した華紋が
「生前の二人(院長先生と寮母)の名誉も守ってあげてほしい。
本来人を殺めるような人達ではなかったと。」
と残した言葉がよかった。
(2023年1月30日の日記)
2月3日 第173話「紙の狐」
原作少年サンデー2023年2月1日(10号)「MAO」 第173話「紙の狐」

☆   ☆   ☆

宝生家の姉妹の争い、ちょっとおもしろくなってきた。
芽生はほんと、かがりに関心ないんだな。
芽生が人間味見せたのは、蓮次と一緒に復讐に行った時くらい?
仇に対してもそうだけど、摩緒や菜花、蓮次に対してもいい感じだった。

そしてかがり。
確かに針は強化したけど、綾女にあたらないと効果ないわけで、そこにかがりの成長を感じる。
彼女なりにがんばってるんだろう。
針が強化されて追尾機能もついたなら別だが(笑)。

おそらく綾女もそれは感じたと思う。
綾女の立場になってみれば、かがりのことは侮っていた、甘く見ていた。
でも少なくともかがりの針の1本を避けきれなかった。
それがかがりの成長。

綾女は呪いにかかり、死にかけるが、そこからの行動が興味深い。
摩緒を呼ぶということは、もちろん祓ってほしい気持ちはあるだろうが、かがりに仕返しして欲しい 気持ちはないように見える。
摩緒にかがりを呪ってほしいと頼んでも断られるのは承知だろう。
摩緒と綾女は初対面で好敵手として、互いをちゃんと見極めていたように見えた。

情のない娘ではないと思う。
自分の侮りが、かがりをここまで追い込んだという自覚もあるのかも。
ならば、摩緒に頼むのは、かがりを救ってほしいとまではいかないだろうが、止めてほしい、なのでは? と思う。
もしかがりが姉を呪い殺してしまったら、取り返しがつかないことになる。

綾女はかがりを見下し、侮ってはいても、殺したいほど憎んではいないだろう。
父にかがりの仕業と言わないのは、「みっともなくて」ではなく、かがりをこれ以上追いつめないように という気持ちがあると感じる。
そうであってほしいと思うのは、私も妹がいる姉の立場だからだろうか?

菜花とかがりは戦闘開始。
かがりの「強化」と菜花の「成長」、菜花に危うく感じるが、摩緒が菜花を信じて残したのであれば、菜花は かがりを抑え得るかな?
乙弥もいるし。
(2023年2月3日の日記)

過去の日記目次へ

ホームへもどる