「MAO」感想(第21話〜30話)
10月17日 第21話「新しい器」とるーみっく投票
原作少年サンデー2019年10月16日(46号)「MAO」第21話「新しい器」

          ☆           ☆           ☆          

10月14日に放映された「歴史秘話 るーみっくアニメヒストリア」、バタバタしていて見逃してしまった。
10月22日(火)BSプレミアム 午前0時45分〜午前1時35分(21日深夜)の再放送を予約したけど、 「公式サイト」で 中間発表のデータを見ることができた。

私の予想だと、1位と2位はラムと響子さんで決まりだろうけど、3位は誰だろう、殺生丸かな?
10位以内には犬夜叉かごめも入りそう。
「犬夜叉」のキャラが意外と多いのも嬉しかった。

「うる星やつら」ほどのインパクトもなく、「境界のRINNE」ほど新しくもない。
「めぞん一刻」ほど大人向けでもなく、「らんま1/2」ほど子供向けでもない、意外と微妙な立ち位置だと思っていたから。
これ、年齢別の投票ができたらさらにおもしろい結果になりそう。
鋼牙が25位に入っていたのは嬉しかった。

一番気になるのは桔梗と奈落と睡骨の順位。
全順位を発表してくれればいいけどしてくれるのかな?
(ちなみに私は投票には参加していません。)

さて「MAO」。
こちらは話が入り組み過ぎてかなり複雑。
ただ、21話を読んでからだと、怪しく思えていた祖父や魚住さんがまた菜花の守護者に見えて来た。
あのスムージーも菜花の妖力を抑えることで、菜花の妖としての気配を消すためだとか。
もしかしたら魚住さんが式神かもしれない。

もうひとつ謎なのが、幼い菜花はまだ普通の人間のはずだが、その状態で「千年に一人の器」であり「相性がいい」 存在だったのか。
それともまだわからない何かが菜花そのものにあるのか。

極端な話、猫鬼が菜花の世界に逃げ込み、菜花を狙うなら菜花は大正時代にずっといた方が安全ということになる。
あちらで猫鬼が暴れれば大変なことになるが、摩緒があちらへ行けない以上、そういう展開はないような気もするし。
それとも何かのきっかけで、摩緒も行ったり来たりできるようになるのかな?
変化するたびに破れる衣裳、元に戻れば衣裳も戻るが暗黙のルールだった気もするけれど、摩緒の場合は違うらしい。
変化するたび大変なことに。
でもこんなめんどくさい設定わざわざつけたのも何か意味があるのだろうか。

今週は他に古見さんとまかないさんがせつなかった。
どっちもいい子なのにね、いえ4人ともいい子なのにね。
話が被ったのは偶然だろうけど、かえってせつなさが倍増した気分。
(2019年10月17日の日記)
10月24日 第22話「守護の式神」
原作少年サンデー2019年10月23日(47号)「MAO」第22話「守護の式神」

          ☆           ☆           ☆          

「MAO」はやっぱりキャラよりもストーリーで読ませる、おもしろい。
もう最終ページだけあればいいくらいのインパクト。
いえ元々怪しかった魚住さん、ここで摩緒の式神説が出て来た。
そしてもう1人の式神候補が白羽くん。

菜花の行方不明も、かごめのように笑ってすませる状態ではなくリアルに休んでいいることが何度も出て来るし。
ここから注目すべきは、やはりこっちとあっちのタイムラグ?
現代と大正時代、それ以外に摩緒が式神を飛ばす「以前」から現代に存在していたこの2人。
もしかしたら第3の式神候補が新たに登場するかもしれない。

高橋作品は主役以外にも準レギュラーがぞろぞろ出て来るので、珊瑚や弥勒、翼や鳳ポジのキャラも出て来そう。
話自体は地味だと思う。
でもらんまやりんねよりは犬夜叉、人魚寄り。
このシリアスさをキープしながら笑わせて欲しい。

今週、菜花の心配する摩緒に、誤解した菜花の可愛さ。
令和になっても昭和の匂いを感じるけどやっぱり好きかも。

今週は他に妖怪ギガの狐が可愛かった。
変化しない方が絶対可愛い(笑)。
最後笑わせるオチと見せてこう来たか。
狐物はやっぱりいいよね。
(2019年10月24日の日記)
10月31日 第23話「魚住さん」
原作少年サンデー2019年10月30日(48号)「MAO」第23話「魚住さん」

          ☆           ☆           ☆          

「MAO」はちょっと地味なんて思ってごめんなさい。
今週の表紙だけでおそらく私がこれまで見た表紙のどれよりインパクト大。
しかも「魚住さんって何者なの!?」って表紙で煽っておいて、あっさり正体ばらしているし。
魚住さんは摩緒が放った鯉の式神(名前「鯉住さんの方が良かったんじゃ?」なんて思わない)。

魚住さんが見たのは、結界の門を通り過ぎた刹那、手負いの猫鬼の毒の血を浴びながら生き永らえた菜花。
しかも祖父が入院していたのと同じ、搬送された病院で、危篤だった祖父が奇跡的に回復する姿。
(魚住さんが看護師のような格好でちゃっかりそこにいる。)

菜花を守るために(菜花の妖力をそぎ落とすために)、魚住さんはスムージーを飲ませ、菜花を育ててから器にするつもりで 猫鬼は祖父を蘇らせた。
ただ、祖父の想い自体は邪なものではないようで、祖父の抱擁にも反応しない。
祖父自身、第1話で妖力を削ぐスムージーを「体のために」飲むように菜花に言っているし。
そしてやはり菜花の行方不明が、現代でシリアスに心配されていること、「犬夜叉」との違いが気になる。

「犬夜叉」においても現代での事件はおまけ程度にあったけど、基本的にかごめの失踪は社会に影響を与えるものではなかった。
もしかしたら「MAO」は、現代もまた、摩緒と猫鬼の死闘に巻き込まれるのかも。
摩緒もいつか現代に来れるようになるのかも。

そして逆に怪しい?のが貂子。
ミルクホールを事務所にして貂子にいろいろ世話してもらっているだけでなく、こうして事件を持って来るところ、貂子もただの女性じゃない感じ。
普通人かもしれないけれど、摩緒を見張る敵かもしれない。
さすがにシベリアは持って来てくれなかったか、残念。

さらに猫鬼自体も「はめられた」と言った。
摩緒と猫鬼には共通の敵がいるのか。

そして摩緒の弟みたいなビジュアルの新キャラ登場「火の首使い」。
小野不由美さんの「東亰異聞」を読みたくなった。
壊れていたけど、高橋さんの絵で描かれた「浅草十二階(凌雲閣)」も嬉しかった。

次週は巻頭カラー。
摩緒の方に新たな怪異が現れる。
おれは摩緒を長く苦しめる「呪いの因縁」の目覚めかだって。
楽しみだ。

今週の古見さん、まかないさん、ギガ、ひとりぼっち農園もおもしろかった。
そして「銀の匙」最終章いよいよ連載開始、こちらも楽しみ。
でも最終章の文字がすでに寂しい。

(2019年10月31日の日記)
11月7日 第24話「凌雲閣」
原作少年サンデー2019年11月6日(49号)「MAO」第24話「凌雲閣」

          ☆           ☆           ☆          

凌雲閣、壊れる前に入って欲しかった。
中を描いて欲しかった、残念。

凌雲閣に向かった摩緒たちは、前回登場した火の首使いの少年に出会う。
摩緒の兄弟子?らしき少年の名は百火(ひゃっか)。
摩緒は百火に敬語だが、子供の百火は俺様系。
しかも摩緒を裏切り者と呼ぶ。

そして謎に満ちた破軍星の太刀。
かつて摩緒が師匠から後継者として授けられたものだが、それは「貰って嬉しいものではない」。
この回想シーンに出て来る紗那(さな)がとても魅力的。
黒猫を抱いているあたりにラスボスの予感?
はともかく今後も準レギュラーとして登場して欲しいので、この名前登録しておこう。
見た目も内面も変化して菜花と摩緒の前に立ちはだかって欲しい。

一方百火は摩緒から破軍星の太刀を奪ったものの、触れた途端、猫鬼の血の毒にやられて絶命したかに見える。
来週あたり、摩緒が救うか自分でけろりと立ち直りそうな気もするが、とにかく紗那です、気になるのは。

そして「銀の匙、再開したかと思ったら残り4話とても寂しいけど今週の話も笑わせてもらった。
なんだかとっても懐かしい。

そしてさらに気になるのが古見さん。
しっかり喋り始めた古見さん、終わりも近い?
(2019年11月7日の日記)
11月14日 第25話「兄弟子 百火」
原作少年サンデー2019年11月13日(50号)「MAO」第25話「兄弟子 百火」

          ☆           ☆           ☆          

うん、ストーリーで読ませる「MAO」、今週も絶品だった。
百火がレギュラー、準レギュラーになるにはちょっと魅力が薄いと思っていたが、うるさい兄弟子(のちお供に仲間入り)と 物静かな弟弟子のコンビ、意外にいけるかも。
「お笑いで一日でも早く入った人が兄さんみたいな。」
「また菜花さんが謎の解釈を。」の菜花と乙弥の掛け合いも笑った。
お笑いに限らないような気もするけれど、そこにあえてお笑いを持って来るところが高橋さんだよなあ。

「猫鬼の体と融合して生き続ける」摩緒と、死なない(死ねない)百火。
その謎が明かされようとしている。

摩緒は御降家(ごこうけ)の後継者とされていたが、実は後継者ではなく生贄だった。
摩緒が授かった秘伝は御降家に伝わる秘伝「呪禁道(じゅごんどう)」の流れを汲む、平安の世では禁じられた呪術。
Wikipediaによると、道教に由来する道術で、呪文や太刀・杖刀を用いて邪気・獣類を制圧して害を退けるもの。
ただ摩緒が授かったのは「呪殺法のみならず死せる魂を呼び戻す反魂法(はんごんほう)」、 そして「人の寿命をほしいままに操る秘法」と師は百火に語る。

これって・・・。

呪禁師は確かに存在したらしいが、厭魅や蠱毒に関わる事件との関連も指摘され、後に陰陽師にとって代わられたそうだ。
摩緒が生きていたのはその頃だったことになる。

師は摩緒を後継者として定めた後、百火を含む兄弟子そらく5人が師に呼ばれ、その秘密を打ち明けられる。
5人で争い、同時に摩緒を呪い殺すこと。
最後に生きていた者が真の後継者となる。
百火たちが集められた五色堂には妖怪たちが姿を現す。
絵の怖さよりも話の怖さ。

それに兄弟子たちのなかでも一番能力なさげだった百火が「無事な姿」で生きていること。
そして真の後継者となっていないからこそ摩緒を襲うのか、「裏切り者」の意味は?
またまた次回が楽しみだ。

摩緒同様髪が半分白髪なのも、その恐怖の体験からだろうか。
それにしては性格は元のまま変わっていないようだが。

古見さんはやっぱり終わりが近いのかな?
銀の匙とギガもおもしろいけど、ひとりぼっち農園、北海道に関していろいろ学んだ。
(2019年11月14日の日記)

過去の日記目次へ

ホームへもどる