「MAO」感想(第31話〜40話)
1月16日 第31話「土と形代(かたしろ)」
原作少年サンデー2020年1月15日(7号)「MAO」第31話「土と形代(かたしろ)」

   ☆   ☆   ☆

「MAO」が人魚っぽい雰囲気からりんねっぽい雰囲気に変わった?
摩緒の対応はそんなに変わらないのに、展開が軽めになったように思う。
蛙や亀のせいか、菜花のせいか、おもしろい。

「菜花。ちょっとこっちにおいで。」
「・・・なんで?」
「私が見たところ菜花、おまえは土属性だね。」
「ああ・・・そうなんだ・・・で?」

ほのかな恋の気配さえないこのやり取りがとっても新鮮。
なかったけれど、嫌味のない殺生丸とかごめが組んだらこんな感じになるんじゃないかな?
摩緒の顔も戦闘モードじゃなくて淡々としてる?

これまでのアクション系じゃなく陰陽師系で行くならそれはそれでありかも。
摩緒=安倍晴明で。

「飲め。」
「あんぐ」
コーヒー吹きそうになりましたあ。

他に気になるのが「妖怪ギガ」。
どこまでもほのぼの系と思っていたら大変なことに。
次回が気になる。
(2020年1月16日の日記)
1月24日 第32話「式神の主(あるじ)」
原作少年サンデー2020年1月22日(8号)「MAO」第32話「式神の主(あるじ)」

   ☆   ☆   ☆

今週号は表紙にセンターにとカラー倍増でお楽しみも2倍。
特に乙弥が可愛すぎ。
それと「MAO」がどんどんおもしろくなってくる。

前回の「あんぐ」は可愛かったけど、今回の魚の大群でできた巨大な陰陽師姿のカエル男?は見た瞬間鳥肌が(泣)。
ただこの男?、通りすがりに舟を沈めているけれど、乗っていた漁師たちに危害は加えず。
これが「犬夜叉」だったら骨になってたなあ。
さらに摩緒を「さま」付けで呼ぶところを見ると、なるほど敵対してるわけではないような。

兄弟子でもなく、この巨大カエル男も、御簾の裏にいた人物の使いなのかも。
摩緒も声か何かで判断したのか知ってるようだし、百火は知らないようだし。

あと、摩緒と菜花の関係が微妙に進んでいるのもおもしろい。
「なるべく早く大正(こちら)にかえっておいで。」とまるで保護者のような言葉遣いの摩緒。
菜花の時代に猫鬼がいるから、菜花も身を守ることが必要。
闘い方を教えておきたい摩緒の心に気づかない菜花。

寂しいからじゃなく、闘うために手助けが必要だから帰って来いと言っているのかと思っている菜花。
菜花にほのかな恋心が芽生えつつあるけど、「まだ」反応しない摩緒が新鮮。
見た目はともかく、摩緒と乙弥が大人組、菜花と百火がまだ子供みたいなスタンスがおもしろい。
百火も落ち着いてやればさすが兄弟子、技術は確かなものがあるようだ。

今秋のまかないさん。
京都のお月見団子はこんな形なんだ、初めて知りました。
(少し細長いお団子にあんこが巻いてある。)
あと完璧な百子姉さんがちょっぴりヤキモチ焼いてるのも可愛かった。

ギガはクロが真琴を護り切った、かに見えて更なる危機が。
いつものとぼけた味わいとは一線を画した世界が展開されています。

ひとりぼっち農園、まだ腱鞘炎治らず。
「動かさないと痛みがないから、朝起きて毎日思うんですよねー。
あ、今日こそ治ってる気がする!って・・・
そして動かして親指に走る激痛・・・
ああ今日も駄目だったんだと朝から絶望が・・・」

わかりますよ〜。
指をいたわりつつがんばってくださいね〜。
(2020年1月24日の日記)
1月31日 第33話「藻久不(もくず)」
原作少年サンデー2020年1月29日(9号)「MAO」第33話「藻久不(もくず)」

   ☆   ☆   ☆

またすごい名前が出て来た。
でもこのビジュアルのぐじゅぐじゅした感じ、コミックになってもできれば読みたくない(泣)。
表紙の菜花が可愛くて良かったのに。
こういうの、楽しく描いてるのかあ、高橋さんは。
「蟲師」にもあった、話は好きなのに絵が見たくない鳥肌系。

新たに登場した魚集合男は摩緒の兄弟子ではなく、かつて屋敷に使えていた「藻久不(もくず)」という男だった。
「もずく」ではなく「もくず」ね?

ただ、藻久不は陰陽師候補ではなく、下働きをしていた男。
術を学ぶ立場にないにも関わらず、術を学びたかったらしい。
当時はそれほど悪い人間には見えないが、その藻久不の願いを利用した?何者かに術を教わり、紗那の猫を猫鬼に したのだと言う。
そしてその紗那を殺したのは摩緒(ということになっている)。

摩緒に泰山府君の秘法を教えて欲しいと、摩緒と百火を飲み込み、京(みやこ)へと連れて行く。
泰山府君の秘法が「人の寿命をほしいままに操る秘法」なのか、泰山府君(太山府君)は焔摩天の眷属の1人であり、 陰陽道の主祭神ともなっている。

その秘法は、死者を蘇らせるものとされるが、文献では死にそうになった僧を救ったのみで、死者を生き返らせたという記述はない。
「MAO」では「死者を蘇らせる」のみならず、「寿命を操る」術としている時点で、ある意味別物だろう。

藻久不で思いし出したのが「海の藻屑」という言葉。
漢字の通り「藻の屑」で、字は違うといえ、こんな名前をあてられた藻久不も哀れ。
まあ「藻屑」よりはいいか。
でも謎の出し方が、というか伏線の貼り方が本当におもしろい。
最初はそうでもなかったのに、どんどん引き込まれていく感じ。

気づいてみれば、菜花は出てたの表紙だけ。
あと、乙弥の今週の一言。
「生け簀みたいになってます。」
(2020年1月31日の日記)
2月13日 第34話「蟲毒の穴」
原作少年サンデー2020年2月12日(11号)「MAO」第34話「蟲毒の穴」

   ☆   ☆   ☆


あれ?銀骨?ちょっと出て来てちょっと苦しめられたりするのだけれどあっさり退場。
小物タイプというか何というか、そんな感じの藻久不の退場だった。
もう単語登録消してもいいかな、もうちょっと待とうかな、そんな感じ(笑)。

今週の藻久不はあまり緻密に描かれていないのでまあ良かったかな?と思ったけど。
哀れ藻久不はいわゆる屍舞かい!と突っ込み入れたのは私だけ?
百火もだんだんいい味出して来た。
興味深いのは、藻久不が、紗那がまだ生きていた頃から操られていたらしいこと。

次号は新展開との事だけど、そろそろ菜花にも摩緒と一緒に活躍して欲しい。
「これは、同じ『呪い』を背負う摩緒と菜花の『全てを終わらせる』物語」、この煽りはやっぱりいい。
「犬夜叉」などストーリー物は目的としては同じなんだろうけど、ハッピーエンドに進んでいると思わせない「MAO」の 暗さというかシリアスさというか。
この辺が人魚シリーズと似ている。

「舞妓さんちのまかないさん」、小学館漫画賞受賞おめでとうございます!
「少年向け部門」なんだね、一応。
ちょっと笑っちゃいました。
可愛い可愛い物語です。

ギガはメインストーリーがなかなか進まない、まさか考え中?
ひとりぼっち農園はほんと勉強になるなあ。
(2020年2月13日の日記)

過去の日記目次へ

ホームへもどる