「MAO」感想(第51話〜60話)
6月27日 第51話「菜花の疑念」
原作少年サンデー2020年6月24日(30号)「MAO」第51話「菜花の疑念」

   ☆   ☆   ☆

まずはお知らせ。
「MAO」最新第5巻が8月18日頃発売予定。
気のせいか、以前に比べてコミックが出るペースが速い気がする。

ところで164ページの白骨洞の外側を見て、ふと思い出したのが和歌山県沖ノ島にある 旧日本軍の要塞跡。
私は軍の遺構に詳しくはないけれど、ラピュタの世界を彷彿させるということでテレビで 取り上げられる機会が多いので、何度か見ている。

もちろん場所は全然違うが、雰囲気としてはこんな感じなのかな?と思った。
廃墟としての美しさ、歴史遺産としての貴重さを感じる素晴らしい場所に思えた。
いつか行ってみたい、と思ったけれど和歌山は遠い。
しかも2年前に行って来た、パンダ見に(笑)。
また行く機会はあるかなあ・・・。

さて、今回メインのストーリーは2つ。
不知火から逃れた摩緒達だが、紗那の事で頭に血が上っている摩緒と、摩緒と紗那の事が気になる 菜花がひどい(笑)。
笑う会話じゃないけれど、台詞がひどい(特に百火と不知火的に)。

摩緒が心配な菜花が再び自分の血で摩緒を癒すが、菜花にダメージが。
そして現代に帰った菜花の前に現れたのは猫鬼灰丸。
猫鬼を灰丸と呼んでしまっていいものか。
猫鬼に敵意は感じられないし、むしろ菜花を心配しているように見える。

何もかも知りながら、遠くで見守る守護霊ポジションかと思えるほど。
猫鬼にすれば、摩緒や菜花が弱れば自分が困るわけだけど、それだけではない気がする。

そして別の場所では「鉄の案山子」が複数出て来て鬼首村、じゃなく人首村で大量虐殺。
鉄の案山子(軍人風)といい、以前出て来た猫戦車といい、白眉の動向が気になる。
不知火や幽羅子を操る黒幕ポジだろうけれど。
そして次の主役、語り部は百火になるか?

今数話前から読み返したけれど、紗那=幽羅子は決まりとしても、性格が変わり過ぎているのも気になる。
紗那と幽羅子の間に何か(雑魚妖怪ではなく)が関わっているように思える。
私としては紗那の性格が好きなので、紗那バージョンで進んでほしいが。
(紗那はあのような服装はしないだろう)
紗那の性格で幽羅子をしていたら、不知火がさらに小物に見えちゃうから仕方ないのかな?
(2020年6月27日の日記)
7月3日 第52話「呪いの家」
原作少年サンデー2020年7月1日(31・32合併号)「MAO」第52話「呪いの家」

   ☆   ☆   ☆

表紙の「摩緒の見つめる先には今(わたし)じゃなく過去(かのじょ)がいる。」
これだけ読むと、「犬夜叉」のかごめと桔梗の関係のようだが、とんでもないことで、同じ 土俵にすらいないことが辛いね。
菜花自身、紗那が登場したことでやっと自分の気持ちに気付いた感じ。

でも今回この関係に触れるのは表紙だけで、本編の方は紗那の謎。
紗那の御降家は、貴族の依頼を受け、陰陽師が呪いを放つことを生業にしている。
相手方に使える陰陽師が優れていれば呪い返しが、御降家の存在を快く思わない 表の陰陽師からは呪詛が飛んでくる。

その数々の呪いは御降家の上空で消えてしまうと紗那は言う。
猫鬼の話では、紗那が無意識のうちにその呪い返しや呪詛の式神を吸い込み、 紗那の就寝中に、館の主である紗那の父が紗那の体内から吐き出させて持って行く。
恐ろしい役目を司る紗那だが自身は気づいていなかったらしい。

その話をする菜花と灰丸はすっかり仲間同士。
話の内容のせいで緊張感はあるものの、なんだかいいコンビに見えてきた。
紗那の正体に疑念を抱く菜花。
「あの女(ひと)は・・・」誰?ではなく「なに?」となっている。

まあ普通に考えても心臓の代わりに妖怪たちの魂を入れられた異形の存在と思えてしまう。
紗那が生前自身の正体を知らなかったとすれば余計哀れだ。
同時に紗那の性格ならば、こんな状態で生き永らえることを良しとはしないだろうから、ある意味 別人ともいえるだろう。

舞台は変わって大正時代の摩緒と百火。
人首(ひとかべ)村を訪れた2人を待っていたのは白眉と鉄の案山子たち。
事件はやはり摩緒をおびき寄せるための罠だった。
白眉の目的は摩緒で百火はおまけだったようだが、白眉と百火の間にもまた因縁がある。

一週休んで15日発売の53話では
「村民まるごと消滅した村。
それは、摩緒を憎む不知火の仲間、白眉の仕業だった。
さらに彼は百火と因縁浅からぬ仲のようで・・・」その実情が明かされるのか。
今から楽しみ。
(2020年7月3日の日記)

過去の日記目次へ

ホームへもどる