「MAO」感想(第81話〜90話)
2月19日 第81話「契約」
原作少年サンデー2021年2月17日(12号)「MAO」第81話「契約」

   ☆   ☆   ☆

サンデー10号第79話「百年目」で、摩緒と夏野は祈祷師の殺人事件を追って、 何者かに土をかけられている。
摩緒に異常はなかったものの、夏野はまた逢えてよかった、次はまた百年後だという 誰かわからない声を聞く。

殺された祈祷師は昔、何者かにいろいろな術を教わり、かわりに定められた 年月日に土の術者を呼び寄せる約定を交わしたという。
その土の術者が夏野であることはかわかっていたが、約定の相手を知ることはできなかった。

その続きが夏野によって語られる。
瀕死の夏野を救ったのは土人形。
夏野を生かすかわり、夏野は土人形の欲しいものを捜す。
それが契約。

殺された祈祷師は役目を果たすために夏野を呼び寄せた、それが祈祷師殺人事件に まつわる怪異の真相。
それでもまだ約定の相手はわからない。

新しく登場した村芝居の一座(殺人集団)を追う夏野が華紋に助けを求めるのだが、 華紋と夏野の

「ごめん。呼んじゃった。」や
「ついでにあやまっとくけど、悲田院の一件も摩緒に話しといた。」
の悪びれない華紋と、
悪いと思っていませんね。」の華紋と夏野の掛け合いがなにげにおもしろい。

夏野が契約で生かされてるなら、夏野は五色堂に呼ばれたはずがないし、でも夏野には 五色堂の記憶がある。
大五が土を通して夏野に憑いているとか?どうしても大五に戻ってきてしまう。

でも夏野が一座を追うなら、華紋や摩緒達も同行して欲しい。
クールな夏野1人だと話がちょっと単調になってしまうかも。
(2021年2月19日の日記)
2月26日 第82話「村芝居の一座」
原作少年サンデー2021年2月24日(13号)「MAO」第82話「村芝居の一座」

   ☆   ☆   ☆

今回の妖、蛇?またカエル?と思ったら蛭だった・・・。
「MAO」の敵にはちょっと苦手なタイプが多い。
今回の話で「如月雪ノ丞」一座の女性座長が出て来るけれど、 これまたつなぎに過ぎないっぽい。
同じ長物系でも華紋のなんと華麗な事か(笑)。

今回は摩緒、華紋、菜花の立ち廻りを楽しむ程度で、印象に残らなそうなエピソード。
見ている村人たちの「これも芝居か!?」はちょっと間抜けでおもしろい。

次回は夏野vs如月雪ノ丞こと蛭の妖の親玉対決。
夏野が気にするのは、蛭たちが戻って行った親玉の右手。
女性対決だけに次号発売日は3月3日のひな祭り。
今月は28日までしかないから早く過ぎるなあ。
(2021年2月26日の日記)

過去の日記目次へ

ホームへもどる