「MAO」コミック感想(1巻〜)
10月2日 「MAO」1巻
サンデーで毎回読んでいても、改めてコミックで読むと感想が変わって来るのが不思議です。
「MAO」に限らずですが、1話ごと読むと、どうしても「今週はおもしろかった。」「今週はつまらなかった。」と その都度の感想が先に立ってしまうせいでしょうか。
好きなキャラが出なかった、話が動かったなどの理由も出て来るのかもしれません。

1巻を読んで、菜花は印象強いのですが、摩緒とストーリーはあまり覚えてなかったなあというのにまず驚き。
それから「犬夜叉」「境界のRINNE」よりもやはり「千年の無心」だなあという感想。

アガサ・クリスティや横溝正史は、昔書いた短編を基に、新たに長編を書くことがあり(横溝の「迷路荘の怪人」改め 「迷路荘の惨劇」や、クリスティの「黄色いアイリス」改め「忘れられぬ死」など)、「MAO」にも同じ匂いを感じます。
それだけに設定が過去作品に似ているという第一印象を持つことなく読み進めることができました。

私の周りではやはり「犬夜叉に似てる。」「りんねに似てる。」という感想が多いようです。
そんな批判を受けるのを承知で、なぜこの設定にしたか、考えながら読むのもまた一興かと。

1話のメインは菜花。
菜花の持つ不思議な力と、大正時代へのタイムスリップ、摩緒との出会いが描かれます。
ゲスト妖怪?は大蟷螂、懐かしいです(笑)。
アニ犬では神楽の大神いずみさんが小手調べで演じていましたね。

ちょっと不思議なのが、解毒剤は飲んだものの、現代に戻って再びスムージーを飲んだ菜花が妖力を発揮したこと。
解毒剤の力を1杯で打ち消すほど強いものではないのかな?

第2話で摩緒と乙弥の紹介、猫鬼に蟲毒が出て来ます。
3話では、現代に繋がるゲートと反対側のゲートを通ると、大正時代の普通の?世界になります。
ミルクホールと貂子さんとシベリア登場!

その後蜘蛛女編と鐘呼編の1話目が入り、8話で1巻終了です。
敵キャラの女性をもうちょっと魅力的に描いて欲しいかな。
話の流れで犬夜叉の蜘蛛頭、九十九の蝦蟇、逆髪の結羅などが思い出されますね。
そして文句なしに可愛い乙弥!が良いです。
あと24ページの摩緒の殺陣がかっこいい。

細い刀を振り抜く描写はほんと凄いです、かっこいい。
そんなこんなで1巻終了。
8話掲載なので、2巻の発売も早そうですね。
(2019年10月2日の日記)
11月29日 「MAO」2巻
「MAO」もサンデーで途切れ途切れに読むよりも、コミックで通して読んだ方がおもしろい。
一度読んでるし、話の流れが理解できるからかも。

ただ帯の「ラスト20Pからの展開にふるえます。」には「は?」となった。
確かに話は進むけど、ここはちょっと煽り過ぎだと思う。
むしろ帯の後の方にある白羽くんの「あ、第3巻の発売日は、1月17日頃です。」の方がインパクト強かった。

2巻は鐘呼編の結末と吸血尼編、そして菜花の謎と震災を絡めて話が大きく動く、その序章。
「ふるえます。」はこの序章の部分。

鐘呼編で出て来た可愛い鬼神は、その後も摩緒のマスコットとして出て来て欲しかったが、残念ながら退場し、 震災を予言した鐘呼の言葉だけが残る。

吸血尼たちは猫鬼の結界の守人で、摩緒を襲う。
深刻な疲れで動けない摩緒の代わりに囮となって頑張る菜花。
主役でも性格的に静の摩緒と動の菜花、この組み合わせも高橋作品の中では珍しいのではないかと思う。
アニメで殺生丸とかごめがコンビを組んだ感じと書けば自分でもわかりやすい。

そして現代で、震災に関して調べる菜花は、スムージーを「解毒」することにより記憶を取り戻す。
あの日、事故のあった日、祖父は危篤だった。
なのに事故の後、なくなった両親に変わって、「祖父が菜花を育てた」。
ただ、ここからは3巻の感想で詳しく書きたい。

全体的にシリアスに進む「MAO」だが、意外と笑いどころも多くて、特に菜花と乙弥の掛け合いが好き。
(子機とかとっくりとか)。
一番良かったのは176ページ、心細さにうずくまる菜花を見下ろす摩緒の表情と、蟲毒の壷を死守した乙弥のカット。

なんとなく地味な印象を受けていた「MAO」だが、今サンデーで連載されているあたりはホラー風味が強くなって来て かなりおもしろい。
いっそ人魚シリーズのようにホラーに特化してファミリーアニメじゃなくて深夜アニメ、もしくはOVAを目指して欲しい。
(2019年11月9日の日記)

過去の日記目次へ

ホームへもどる