「MAO」コミック感想(11巻〜20巻)
1月20日 「MAO」11巻
表紙の菜花がとっても可愛い。
菜花って、サンデー世代の読者よりも男女問わず年上世代の読者に好かれそうな女の子。

11巻は菜花護り刀(地血丸=あかねまる)を手に入れる話から。
この地血丸は、持つ家を?栄させるが、三代以上に渡って持ち続けると滅びるという呪いの刀 であり、後でわかるように御降家の呪具。

摩緒が「呪いを娘の嫁ぎ先に移した」と言った時に、菜花が「ひどい」と憤りますが、これまでこの家は、 必ず子供に刀を持たせて家から出したことになります。
孫では駄目、たとえ一人息子だったとしても家から出さなければなりません。
これは設定上かなり無理のあることではないかと。

そんな綱渡りのような護り刀で、よく叶枝まで代が続いたと思うほど。
地血丸の「護り」は、そもそも叶枝とその家族を傷つけないことにはならないのか、その「護り」も含めて 「繁栄」なのではないか、そこも不思議。
まあ叶枝が重傷を負って、初めて敵を殺すという「護り」が発動する所が御降家らしいといえばらしいかも。

その刀と菜花の関わる部分は最高におもしろかった。
考えなしに突っ込む菜花、そうでなくては話が始まらないけど、本当にこの子にはいつもハラハラさせられる。

地血丸が持ち主の家を繁栄させたという言い伝えは、刀に操られた?その家の人間が他を殺して奪ったことに始まり、 そのせいで刀が血の味を覚えてしまったのだという。
さすがに摩緒の頃は、そんな血なまぐさいことも起こらず収まっていた、その限界が2代だったのかと、コミックを 読んで納得。
「MAO」に限らないけど、やっぱり連載物は通して読んでこそおもしろい。
結果的に地血丸は菜花の刀になるけれど、「かわいい拵え」見たかった(笑)。
冥命堂の玉鋼の妖さん、いいキャラしてる。
見た目は正反対だけど、刀々斎を思い出す。

ああ・・・このパソコンはもう「刀々斎」を記憶してないパソコンだ(「滔々祭」と出た・・・)。
時の流れを感じます、八奈見さん・・・。

前半は菜花の成長記、後半は頼もしい百火の活躍で盛り上がる。
蓮次の「菜花は」殺さない、心の隅に残っている人間性のかけらと、この時は心のない少女に見えた芽生の今週号のサンデー の変貌と、こちらの部分はむしろ12巻の感想でまとめて書きたいかな。

活躍はするけど影が薄いのが双馬と背後にいる白眉。
なんでだろう、人間性の薄さ?
少年誌でこんなこと書いていいのかどうか、白眉の小物っぽさで双馬の非道、ヒールとしての立ち位置が曖昧なままで、 蓮次や芽生と比べるのがちょっと可哀そう。
双馬は菜花に殺意を持っているから、菜花vs双馬、摩緒vs蓮次の心理的な駆け引きももっと見たい。

今回のおもしろどころ。
地血丸使用後つやつやしている菜花(笑)とごつい手でちまちまこよりをつくる冥命堂。
菜花「恋人つなぎ」から「輸血」の流れ。
苛火虫を入れられてしまった菜花の隣りで呆けている蓮次が可愛い。
蓮次水流の中で「この野郎」の顔。

甘味処で摩緒は葛餅、菜花はあんみつ、百火は団子。
お菓子チェックは厳しい私、食べたいな。
12巻は蓮次の思い出話から始まる。
なんとなく青年誌に掲載した方がいいような話が所々に挟み込まれると思っていたけど、そういえば人魚シリーズもサンデーだったのか。
当時の反応はどうだったのだろう、知りたい。
(2022年1月20日の日記)
3月26日 「MAO」12巻
コミック12巻、表紙は蓮次。
物語も半分は蓮次が主役となる。
蓮次の過去が惨過ぎて、「少年サンデー」なのに大丈夫?と思ったが、人魚シリーズも サンデーだったんだ。
改めて驚いた。

でも蓮次の過去が惨過ぎたせいか、後に明かされる芽生の過去がさらっと流されたのは やはりやり過ぎ感があったのかな?
とにかくここは読むのもきつい。

でも戦闘を終えて芽生に手当てしてもらいながらの2人の会話。
「地獄に行くまでがんばって生きてください。」
「おう。」
これがとても好き。

なんとなく2人を見ていると神楽を思い出す。
悪役的立ち位置だけどとても魅力的な2人なので、救われて欲しいと思う。

後半は、菜花の血赤丸修行編。
登場する妖ペアが、「うしおととら」の「愚か者は宴に集う」に登場するたゆら(蛇)となどか(蝦蟇)を 彷彿させる。

呪われてはいるけれど、血赤丸はもともと護り刀。
菜花が子供たちを守る気持ちになったことで、菜花は血赤丸を使いこなす。
犬夜叉の鉄砕牙なみに段階を踏んでいく菜花の刀修行。
これも摩緒がすでに完成されたキャラのせいか。

もうひとつは夏野の謎。
妖によって傷つけられた夏野の顔は、「壊された」よう。
そして最後に病鬼が久々の登場(相変わらず可愛い)。
魚住さんとの対決も可愛かった。

(2022年3月26日の日記)
6月21日 「MAO」12巻
私はサンデーで「MAO」を読んでいるので、もちろんストーリーを把握しています。
その状態で13巻を読んで、いつもと違うおもしろさを感じました。

前半は御降家の過去の話、後半は芽生が中心となります。
そして読んでいて、前半では百火が、後半は芽生が浮き出して見えるのです。
サンデーではストーリーを追いますが、コミックではまた違った風に見えてくる。
これが本当におもしろいです。

芽生はともかく、百火がいい味出してます。
困るのは、ヒロインである菜花とお似合いに見えてくること。
菜花の恋は大切にしたいけど、摩緒が大人過ぎるんですね。
菜花に対する優しさや心配も、妹のような感情にしか見えない。

だから摩緒は幽羅子と、と短絡的に考えるのではなくて、この後菜花が摩緒に釣り合うように 成長していくか、あるいは摩緒が菜花の保護者となってのハッピーエンドでもかまわない気がします。

この巻で、大五が復活したように見えますが、連載中のサンデーでも、未だに彼の正体は不明です。
猫鬼も連載にほとんど影響を及ぼしていません。
少しずつキーとなる、ワードやアイテムは登場しているのですが、その辺がもどかしいけど楽しいかも。

細かな感想は連載時に書いていますが、やはり百火の御降家の人々との対し方がおもしろいですね。
紗那は大好き、先輩には後輩として接しますが、摩緒には威張る、でも頼るみたいな(笑)。
なんとも可愛い、そして正直。

後半で明かされる芽生の過去ですが、その悲惨さもさることながら、蓮次や菜花とのやり取りが微妙にずれてて、 「MAO」の女性キャラで一番好きかも。
着物姿の芽生を見て、なぜか人魚シリーズを思い出しました。
真魚、かな?
性格や年齢は全然違いましたが、髪を下した感じが似てる。
現代社会にの中では生きにくいだろう湧太と真魚ですが、昭和の時代の2人の物語を読みたいです。
(2022年6月21日の日記)

過去の日記目次へ

ホームへもどる