犬夜叉考察 29
5月15日 高橋留美子インタビュー8
次の章は、ラム、あたる、しのぶにテンも登場。
「高橋留美子」といえば「うる星やつら」がよくわかるインタビューです。

   ☆   ☆   ☆

あの、キャラクターって昔から、昔の漫画ってけっこうキャラクターが強くって、 あの、まあギャグ漫画だけどやっぱり赤塚先生の漫画でも、キャラクター物 なんです。
手塚先生はねえ、なんかまあ、スターシステムみたいなのをとっていらっしゃるけど、 キャラクターですよ。
元々あるものではあったかなってね。
まあストーリーも大切なんですよ。
でもやっぱりキャラクターのリアクションの方が私は大切かな?って思って。

私は「犬夜叉」から読み始めて、あまり「キャラクター」は意識しなかったけど、確かに「犬夜叉」に比べて 「うる星やつら」はキャラのごった煮感がありますね。
私はキャラもいいけど、気になるのはやっぱりストーリーかな。

(この項続く)
(2020年5月15日の日記)
5月16日 高橋留美子インタビュー9
35分ほどのインタビューですが、この章から後半部分、まずは「めぞん一刻」を 語ります。

   ☆   ☆   ☆

元々「うる星やつら」の2人目の担当だった方が、ちょっと編集部を移りましてですね、 で、それで新しい本を立ち上げるんだけど、やりませんか?って声かけてくれて。
で、まあ私もそれでちょうど大学卒業のめどが立っていた頃だったので、 で、まあやっぱプロになったらたくさん仕事した方がいいんで。
で、まあとにかくじゃあお受けしますということで、で、それが青年誌だったので、ちょっと「うる星やつら」 よりは年齢を上げたものをやろうということで、そんで自分は何となくやっぱりちょっとこう、アパート物 というかやりたかったので、それを企画といっても、まあある程度スケッチみたいなものをちょっと担当 者に見せたら、じゃあこれで行こうみたいなことになり、という感じで始まったんですよね。

あの、最初、だからめぞんというのは月刊誌だったので、そんなに負担ではなかったんですよね。
で、大学を出てちょっとたってから、まあ隔週誌になったんですよ。
まあまあいいペースで、それぞれ別のテイストの漫画だから、とてもあのバランスがいいというか、自分の 中では。

だからまあ、ギャグを描いていたら何となくちょっとこう、そのめぞんみたいなね、しっとりしたものを やりたくなり、そのまた逆もありみたいな。
だからものすごくそのいいペースで、ストレス解消みたいな、描くこと自体が、まあそういう感じでやれたので 良かったです。

前にも書きましたが、私は高橋さんの喋り方の癖などをなるべく忠実に写し取っています。
でも映像を見ないで文章だけだと読みにくいかもしれませんね。
文章にすれば一文と思われる長いお話になってるところ、あえて区切っている部分があります。

「めぞん一刻」と「人魚」シリーズは、「犬夜叉」で高橋さんを知って、ちょこちょこ調べてから一気に買いました。
当時の私の年齢ではやはり大人っぽい作品の方が好きでしたね。

(この項続く)
(2020年5月16日の日記)
5月17日 高橋留美子インタビュー10
次の章は、酔っ払った五代くんが響子さんを抱きかかえているカット。
とても好きな場面です。

   ☆   ☆   ☆

私が大学生の頃に住んでた、まあそこでデビューした、そういう部屋の裏に建ってたアパートが、 ほぼ一刻館みたいな感じの変な(笑)、変な建物で、でも意外と佇まいは似ているんですよ。
で、なんかあのちょっと窓のガラスが割れたところから本がはみ出てたりとか。
あと正面玄関の上の窓のとこに、剣道の面と籠手が干してあるみたいな。
ちょっとおもしろい(笑)。

だからそれは中で住民は学生寮みたいだったんだけど、その部屋の中と、そのちょっと路地が あるんですけど、私の部屋の前を道路が通ってて、そこからまたおう、生活道路に出れるんですけど、 道路の端っこと、まあ家の中でトランシーバーで会話してるんですけど、声が丸聞こえなんだよね(笑)。

なんかトランシーバーの意味ねーよみたいな、怒鳴り合ってるだけってそういうなんか変な感じが 意外とおもしろかったんだよ。

今回の話、とてもおもしろかったです。
高橋さんはにこにこ笑顔で話されてるんですが、この章ではおかしくて笑ってる場面が何度かありました。
「めぞん一刻」を読んだ頃、ネットでいろいろ調べましたが、一刻駅は東久留米駅がモデルと知り、 前に東久留米駅が最寄り駅だった時期があったので嬉しかったことを覚えています。

私が住んでたのは「めぞん一刻」を知る前なので、駅の写真しかありませんが。
アパートは、実在していたものの、写真などは残っていないようですね。

(この項続く)
(2020年5月17日の日記)
5月19日 高橋留美子インタビュー11
次の章も「めぞん一刻」語りが続きます。

   ☆   ☆   ☆

んーまあモデルはいないんですよね、正直。
で、だからほんとにあのキャラクターはみんなもう私の脳内で作った人達なので、
どうやってって言われると困っちゃうんですけど、でも本当に、まあそういう人が いてもいいなと思い、で、いるのであれば、どういう生活感で、その人の何となく ちょっと背景とか考えるとおもしろいなあとかね、
私は結構そういう風にキャラクターを作っていくものですから、意外とあのー、 あの時代のあのあたり、本当に境目というか、 うん、豊かではないんだけれども底辺ではない人々で、
で、ただちょっとやっぱり まあねえ、職業不詳の人がいれば、絶対にだからものすごく恵まれてる人は あんなアパートに住んではない、と思うのだけれども、
でも決してあれがそんなに 悲惨な環境でもなくて、で、まああのあたりから日本もかなりグィーンってこうね (手を斜め上にぐっと上げて生活水準急上昇を表現)生活上がってったりもするんですけど、
ただ自分の中ではまだあれもありだなあみたいなね、うん、そんな気はしてたんですよね。

たとえ高橋さんが作品内でスマホを描こうと、ラインの時代にしようと、私にとって高橋さんは、 いい意味で昭和の時代の漫画家です。
時代小説家が時代小説を書くように、高橋さんは(どの時代を描こうと)昭和漫画家であり、 それはビジュアル、設定、そして何より作品の持つ雰囲気によるものだと思います。

だから昔を書いた時代小説が色あせないように、昭和の雰囲気で描く高橋さんの作品も 色あせない。
最初から流行のトップを走るような漫画じゃない、そこが好きです。

今高橋さんが、スマホ世代の「めぞん一刻」のような作品を描いたとしても、雰囲気はやっぱり 昭和だろうと思います。

今回のお話は、文章にすると1つの文章なのでしょうか。
長いので途中で区切ってますが。

(この項続く)
(2020年5月19日の日記)
5月日 高橋留美子インタビュー12
次の章は三鷹さんのイラストです。 まだ「めぞん一刻」語りが続きます。

   ☆   ☆   ☆

でも結構みんなほんとに好きですよ、ヒロイン響子さんという人が、結構ほんと私 好きで描いてました。
ネームで響子さんの絵を初めて描いた時にね、全然違ってたという、私が思ってた人では なかったと。
これが響子さんだみたいな。
ちょっとそういう手ごたえみたいなのが凄い不思議な感じだったんで、やっぱりその 描いてて、いろんな面があるというか、ただの周りの理想のマドンナではなく、 わがままであったりとかね、まあちょっとねえ、いろいろ悪い面もいっぱいあるような人なんですけど、 それらすべてが何となく愛しくなるような、そんな女の人であって、それを見てもらえてたらいいなっていう、 そういう思いを込めて描いておりましたね。
なんか私は凄くヒロインのことは好きです。

たとえ高橋さんが作品内でスマホを描こうと、ラインの時代にしようと、私にとって高橋さんは、 いい意味で昭和の時代の漫画家です。
時代小説家が時代小説を書くように、高橋さんは(どの時代を描こうと)昭和漫画家であり、 それはビジュアル、設定、そして何より作品の持つ雰囲気によるものだと思います。

だから昔を書いた時代小説が色あせないように、昭和の雰囲気で描く高橋さんの作品も 色あせない。
最初から流行のトップを走るような漫画じゃない、そこが好きです。

今高橋さんが、スマホ世代の「めぞん一刻」のような作品を描いたとしても、雰囲気はやっぱり 昭和だろうと思います。

今回のお話は、文章にすると1つの文章なのでしょうか。
長いので途中で区切ってますが。

(この項続く)
(2020年6月3日の日記)
6月9日 高橋留美子インタビュー13
「めぞん一刻」に関するお話をまとめました。

   ☆   ☆   ☆

(響子さんの設定に関する質問でしょうか?)

単にその下宿の管理人で未亡人の方がドラマが生まれそうだな、とかね。
だから自分の最初のプランでは、もっとその、響子さんの性格がきつくて、 なんかそういう感じのスタートだったので、はい。
だからキャラクターはなんとなく変ったけど未亡人って設定はそのまんま残ったって感じです。

(登場人物に関する名前に関する質問だと思います。)

大切ですね。
だから名前がしっくりハマってないと、やっぱちょっと動かしづらくなっちゃったりとかあるので、 やっぱりキャラクターの名前考える場合ものすごく、いっぺん名前つけたらもう後に引けなくなるでしょうから、 そこは間違えないようにと思って、はい。

(「うる星やつら」との比較でしょうか?)

まあちょっと「うる星やつら」の場合って言うのは、もう1話読み切りで、どんどんまあ行けるんですけど、 まああの、めぞんの場合、まあたしかにそれは読み切ってはいるんですけど、「うる星やつら」よりもそのストーリー 性は大切にしなければいけないという、だからまあ人間の日々の営みや繋がっていくみたいなね、 そこら辺はすごく、結構大切に描いてたつもりなので、これとあれとは別なんだみたいな。
そういうことは勉強しました。
まあの少年漫画ってやっぱり夢ですよ。
で、青年誌って言うのは現実?リアル?みたいなね。
等身大の生活とか、うん、だな?って思いますので、で、やっぱりその主人公、まああの「うる星やつら」の あたるってちょっとあんなえすけれども、それでもやっぱりそのまあ、彼なりの理想とか正義とかね、ちょっと 高い所にあるんじゃないかな〜って思って。
でまあそれと、やっぱりああいう何て言うんですかねえ、もう人が蹴ったら向こうまで飛んでくような、 それがまあ少年漫画じゃないかなっていうね、そういうそのオーバーな表現だったりとか、でもそれはもう 全て私は夢だと思ってるんで。
それにくらべて「めぞん一刻」っていうのはほんとに現実の、はい、生活です。

(この項続く)
(2020年6月9日の日記)
6月12日 高橋留美子インタビュー14
今回は「らんま1/2」に関するお話をまとめました。

   ☆   ☆   ☆

(なぜ「らんま1/2」を描いたかって質問でしょうか?)

まああのらんまみたいな漫画は自分は前々から凄くやりたかったっていうのがあって、やっぱり 学園物とか格闘とか、私はやっぱりジャッキー・チェンのドランクモンキーに凄い憧れて、 ああゆう物もやっぱり描いてみたかったので、それはすごくあのまあコミカルなその、カンフーみたいな。
それは本当にやりたかったことです。
あとやっぱりそのまあ男女が入れ替わるみたいな、両方やれると広がりが出るなっていうね、 で、あの服装もいろいろ変えられるし、けっこう1人で男女やるんで、その何て言うんですかね、 その書き分けも凄い自分としては楽しいというかね。
1人の人間がおんなじ服を着てるんだけれども、体型が変わることで着こなしがこんな風に変わるみたいなの もすごく楽しんで描いてましたね。
あの弓月光さんっていう漫画家さんが、私がもっとあの中学生だったか小学生だったか忘れたけど、 なんか漫画描いてて、そういうやつ、すごくおもしろかったんですよ。

(けっこう女の子のらんまが裸になってるシーンが多いので、その事に関する質問かな?)

これもやっぱりある小説家の方がお孫さんとらんま見てて、お孫さんが幼くて、あの男の子と女の子と 変った瞬間がわからなかったって言うんですよ。
これはわからないと話にならないんで、よりわかって頂くためには、描くしかないんで、というわけで 描いてたんですよ。

(自分でくだらなくとか言っちゃう高橋さんが好きです、笑) けっこうらんまってくだらない話の方が好きだったりするんですけど、誰も覚えてないような。
う〜ん、全体ほんとらんまは楽しんで描いてたんで、そのオープニングの部分を相当好きですけどね。
あの、これこれこういうわけでこんな目に、こんなことになったっていうその説明自体も結構くだらなく 描けたんじゃないかなと思うので、そのベースができれば後は本当にそのキャラクターを出せば、その器に 放てば、動いてくれるみたいなね、そういう感じだったかなと。

あのまずどうやってたたむかって、あんま考えないです。
連載始めたら、ま、とにかく何て言うのかな、あまり終わることは、終わることを考え始めるのは、本当 終わる、そうですね、2,3ヶ月ぐらい、もしくは半年前ぐらいか、どうやってたたもうかを考え始めるので、 少なくとも最初はそういうことは考えないです。
ほんとはここら辺で終わろうと思っても、ちょっとね、1巻分伸びたりとかね、そういうことはたまにあるケース だと思いますね。

(この項続く)
(2020年6月12日の日記)
6月12日 高橋留美子インタビュー14
今回は「犬夜叉」に関するお話をまとめました。

   ☆   ☆   ☆

「犬夜叉」みたいなのは子供の頃から憧れてた、その一つの少年漫画のパターンなんですよ。
ああいうなんつーかまあ、刀抜いて、で、まあ妖怪も出たりとかね、まあ「どろろ」なんかも。
まあそういう世界観はあったんですけれども、まあでもやっぱり、はい、最近のインタビューで答えているのが、 どっちかっていうと「どろろ」というよりは「八犬伝」、まああのその「八犬伝」的なまあなんか 物の方が自分の中ではしっくりくるんですけど、 やっぱりそういうあのまあ冒険活劇を やってみたかった。

で、しかも今まではコメディをやっていたので、今回とにかく「犬夜叉」で、ボケなくていいというのもものすごく 楽というかね、 大きなコマで置けるとうのはすごく嬉しいことでというか、レイアウトというかね構図とか考えるのも意外と楽しかった。
だからそれもまあ自分の憧れの一つの漫画のスタイルだったんでやりました。

もう全巻持っていると言っても過言ではない大好きなんですけど、その代わりそのやっぱりね、水木先生こそが 日本に妖怪広めた先生なので、自分とか、後から描く人は、それ使っちゃ駄目だと思うんで、やっぱりその 水木先生の描く妖怪に被らない物っていうのを自分で工夫して描かないと駄目だなあと思ってやってました。
(人型多い理由?)

まあでも結構日本には他にも実は妖怪の本とかあるって、アンソロジーみたいな本とか、あとやっぱり地獄絵図 というものがあるんですよね、仏教的なね。
そこからけっこうちょっとそれ見てると来るものがありますね。

(この項続く)
(2020年6月16日の日記)
6月29日 高橋留美子インタビュー16
今回は「境界のRINNE」に関するお話をまとめました。

   ☆   ☆   ☆

いやまあ、まず軽い物に戻ったのは、まあ犬夜叉が結構まああの、シリアスな話だったので それ続けるよりは、まあなんとなくそのもう一遍そういう日々の後、私は行事とかが好きなので、 その四季折々のね、だからそういうのをまたやりたかったっていうのもありますし。
まああと輪廻転生っていうのはまあうん、まあ一つの何て言うんですかね、アイデアでは ないですけれども、でもまあ一つの設定でありますしね。
だから後はその中で幽霊、あのつまんない死に方をしたちょっと残念な人々みたいな。
まあどっちかっつと重くない死を扱ってるんだけど、まあまあまあそういう「感性(?)」なんか、 まっ、そんなにこうなんですかね、考え込まなくていいような漫画をまた描きたかったということで、はい。

   ☆   ☆   ☆

高橋さんのおっしゃりたいことはわかるんですが、非常に意味のわかりにくい文章になってますね(笑)。
シリアスだった「犬夜叉」の後、軽めの日常話に戻りたかった。
「輪廻転生」のアイデアがあり、死を扱うけれど重くはない世界を描きたい。
他のインタビューでもこういう話をされてたように記憶しています。
「境界のRINNE」って言葉にも懐かしさを感じてしまいました。
りんねが終わってもう2年半くらいたつのかな?

(この項続く)
(2020年6月29日の日記)
7月1日 高橋留美子インタビュー17
今回は「MAO」に関するお話をまとめました。

   ☆   ☆   ☆

「MAO」は、まあ結構いろんな時代がちょっと絡んで来るんですけど、全部 日本の、まあ古くは平安時代というのがあって、で、それから今から100年前の、その 大正時代というのがあり、で、今がありみたいな、まあその、3つの時間の中でいろいろなことが起こり、 で、謎もあり、どっちかっつとサスペンス風味が強い漫画ですが、すごい楽しんで描いてます。

やっぱりまあいろんなちょっと謎をばらまいてて、しかも自分がその先を考えてないから、 まず謎がありきなんですよ。
っていうところもね、描いてて意外と楽しいというかね、どうやって解こうかみたいな。

まあそういうあのう、結構いろいろな、あと絵面(えづら)的にもいろんな時代があるので、 いろんな絵が描けて楽しいです、はい。
えー是非とも是非とも読んで下さい。
ありがとうございました。

   ☆   ☆   ☆

今回でインタビューも終わりです。
「謎をばらまいてて、しかも自分がその先を考えてない」が一番衝撃的でしたね(笑)。
そんな高橋さんが大好きです!

さて、自分でインタビューの聞き書きやってみて、想像以上の難しさにびっくりでした。
以前もやったことはあるんですけど、その時は話の要点をまとめてました。
「〇〇に関しては、このように答えて下さいました。」みたいな形でね。

でも高橋さんの言葉を写し取るとなれば、「で、」とか「あの」といった言葉を消せばいいというもの ではない。
高橋さんの言葉の癖を残しながら、いかに読みやすくまとめていくか。
句読点の打ちどころすら迷いました。

日常気軽に読んでいるインタビュー記事がこんなに難しいものだったとは。
今ちょうど朝日新聞2019年(平成31年)1月5日号に掲載された野村萬斎さんのインタビューを 再読していますが、できることなら文章にする前の生のお話を聞いてみたいと思います。
生の会話と新聞の文章を読み比べたい。
プロの仕事ぶりを見てみたいというか・・・。
それにしても勉強になりました。

「うる星やつら」や「めぞん一刻」に比べて「境界のRINNE」や「MAO」など、新しい作品になれば なるほどコメントが少ないのは仕方がない気がします。
でも私のように「犬夜叉」がスタートの人もいる、もしかしたら「MAO」で「高橋留美子」を 知った人もいるかもしれない。

お父さんがラムちゃん好きで、娘さんが乱馬ファンの親子もいるかもしれない。
お母さんは殺生丸に恋したけれど、息子さんは鳳が可愛い!って思ってるかもしれない。
そんな世代を越えてみんなで楽しめる、それが「るーみっく」の一番の魅力だと私は思っています。
(2020年7月1日の日記)

過去の日記目次へ

ホームへもどる